相談は無料!借金の時効について詳しくはコチラ

借金の時効


時効経過時に行うこと

時効日を経過したら、内容証明郵便で、時効期日が経過し、支払う意志がないことを貸金業者に伝え、時効の援用を宣言します。
借金の時効は、無料相談ができます。

時効援用をするにあたって、「返済を待って待って下さい」や「減額できるか」などの借金の存在を認める言動に気をつけてください。時効が中断する場合があります。
不安な方、時効の中断にあたる行為について詳しく知りたい方は相談して下さい。

↓無料相談はコチラから↓
エストリーガルオフィスで時効援用

借金の時効について解説

借金の時効になる年数
「時効の援用」とは
時効経過時に行うこと
時効が中断する場合

時効について、状況は人それぞれです。
素人判断では難しく、例えば、時効前にもかかわらず援用を行うと債権者が中断措置をとり、最悪時効が10年に延びることも…
法律の専門家に相談することで時効の成立を確実にできます。
あなたの借金、支払い義務が消滅しているかも!?

(C)借金の時効

借金の時効援用解説サイト