相談は無料!借金の時効について詳しくはコチラ

借金の時効


「時効の援用」とは

借金の時効日を経過しても、返済義務は自動的にはなくなりません!

時効で借金の返済義務を消滅させるには、 時効について詳しい専門家の力を借りましょう。
時効による返済義務の消滅を得るための明確な主張を「時効の援用」と言います。
まだ、時効期日を過ぎていないのに時効の援用をしてしまい、債権者に先手を打たれて債権者名簿を作られ、時効の成立が遠のいたという方もいます。
時効の援用は慎重に!
法律の専門家に相談して、手順などを詳しく知ることも大切です。

時効の援用について詳しくは
↓↓↓

エストリーガルオフィスで時効援用

借金の時効について解説

時効になる年数
「時効の援用」とは
時効経過時に行うこと
時効が中断する場合

時効について、状況は人それぞれです。
素人判断では難しく、例えば、時効前にもかかわらず援用を行うと債権者が中断措置をとり、最悪時効が10年に延びることも…
法律の専門家に相談することで時効の成立を確実にできます。
あなたの借金、支払い義務が消滅しているかも!?

(C)借金の時効

借金の時効援用解説サイト